ドイツ語:時計の読み方

2014年06月12日

ドイツ語:時計の読み方

私がペラペラになれたドイツ語上達法はこちらぴかぴか(新しい)

ドイツ語の、時計の読み方は、2種類あり、そのうちの一つは、昔から使われている、時計独特の読み方のドイツ語で、このドイツ語の感覚・読み方に、慣れるまでに、相当時間が、かかりました。ふらふら

まず、一つ目の読み方は、素直な読み方です(笑)るんるん

例えば、

7時5分 siben Uhr funf (ジーベン ウーア フンフ)

7時20分 sieben Uhr zwanzig (ジーベン ウーア ツヴァンチィヒ)

7時30分 sieben Uhr dreißig (ジーベン ウーア ドライシッヒ)

7時45分
 sieben Uhr funf und vierzig (ジーベン ウーア フンフ ウントゥ フィアチィッヒ)

と、いう感じで、普通ですね。

そして、昔から使われていて、今もドイツ人の皆さん、かなり好んで使われている、旧式の読み方になると・・・

7時5分  funf nach sieben (フンフ ナッハ ジーベン)

7時20分
zwanzig nach sieben (ツヴァンチッヒ ナッハ ジーベン)

7時30分 halb acht (ハルプ アハト)

7時45分 drei viertel acht (ドライ フィアテル アハト)

と、なります。ずいぶんと違いますね。

では,この読み方を、図を見ながら、読み方を説明します。

tokei-002.jpg


9時5分 funf nach neun (フンフ ナッハ ノイン)

9時10分 zehn nach neun (ツェーン ナッハ ノイン)

9時15分 @ viertel nach neun (フィアテル ナッハ ノイン) もしくは Aviertel zehn (フィアテル ツェーン)

9時20分 zwanzig nach neun (ツヴァンチッヒ ナッハ ノイン)

9時25分
 funf vor halb zehn (フンフ フォア ハルプ ツェーン)

9時30分 halb zehn (ハルプ ツェーン)

9時35分 funf nach halb zehn (フンフ ナッハ ハルプ ツェーン)

9時40分 zwanzig vor zehn (ツヴァンチィヒ フォア ツェーン)

9時45分 @ viertel vor zehn (フィアテル フォア ツェーン)もしくは Adrei viertel zehn (ドライ フィアテル ツェーン)

9時50分 zehn vor zehn (ツェーン フォア ツェーン)

9時55分 funf vor zehn (フンフ フォア ツェーン)


5分・10分・20分はnachを使い表現します。5分すぎた(nach)9時、10分すぎた9時・・・と言う具合ですね。

そして、40分・50分・55分はvorを使い、10時になる20分前(vor)・10時になる10分前・10時になる5分前、と言う感じに表現します。

30分の表現は、ちょっとややこしく、9時が半分、終わったので、9時の半分=halbneun(ハルプ・ノイン)と言いたくなりますが、ドイツ語の場合は9時半は10時台として考え、10時まであと半分=halbzehn(ハルプ・ツェーン)と言う表現になります。

11時30分なら halbzwölf (ハルプ・ツヴォルフ)
2時30分なら halbdrei (ハルプ・ドライ)

そして、やはり、特徴的な表現は、15分と45分の読み方ですexclamation×2

9時15分viertel nach neun (フィアテル ナッハ ノイン) もしくは viertel zehn(フィアテル ツェーン)と言います。

このviertelとは、1時間を、4つに分けた、1/4(四分の1)のviertelなのです。

9時が1/4過ぎた、もしくは、10時までの1/4が過ぎた、言う感じの表現ですね。

そして、9時45分 viertel vor zehn (フィアテル フォア ツェーン)もしくは drei viertel zehn (ドライ フィアテル ツェーン) といいます。

これも同様に、10時になる前の、1/4=9時45分と言う、表現になります。

そして、drei viertel zehnと言う表現、のdrei viertel は3/4(四分の三)と言う意味です。

9時台が、すでに3/4過ぎた、と言うことですね。

こちらも、9時45分ですが、言い方は、10時台の言い方になり、

9時45分=3/4の10時=drei viertel zehnとなります。

非常に、ややこしい表現ですが、言い方は、いくつかありますので、自分が、いいやすい表現から、使ってみてください。

しかし、耳にする表現は、ドイツ人の皆さんは、旧式を使われている方が、おおいので、耳では旧式に、慣れておくことをお勧めします。

とくに、45分の表現に関しては、ほとんどの方が、旧式での言い方を、使っていますので、慣れておきましょう。

私がペラペラになれたドイツ語上達法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by ドイツ語ゆうみ at 05:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めっちゃ参考になりました!
ありがとうございます。
これで、明日のテストなんとかなりそうです笑
Posted by at 2017年06月30日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。